コレステロール値を日頃から気にかけていこう

「コレステロールは体に良くないもの」というイメージがありませんか?

それは間違いではないのですが、コレステロールは体に不要だという訳でもありません。

人間の体は細胞でできていますが、コレステロールはその細胞膜の材料になっています。

男性ホルモンや女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどにもコレステロールが含まれています。

もしもコレステロールが不足するとどうなるかというと、体の免疫力が低下したり、消化不良を起こしたりと、健康を維持しにくくなってしまいます。

ですからコレステロールは体に必要不可欠な成分だと言えるのですが、高脂血症といってコレステロール値や中性脂肪値が必要以上に高くなると「コレステロールは体に良くないもの」となるのです。

コレステロールは食事から摂取するだけではなく、体内でも作られています。

1日に必要なコレステロールの量は1.5g~2gで、割合としては食事から摂取される量は2~3割程度とされています。

食事の内容によってコレステロールが多すぎると当然コレステロール値が上がりますが、食事内容は問題がなくても体の方に問題があるせいでコレステロール値が高くなる人もいます。

例えば糖尿病や甲状腺機能低下症などが原因で、コレステロール値が高くなったりもします。

何が原因であれ、コレステロールや中性脂肪が基準とされる数値よりも高いと高脂血症とされます。

高脂血症は自覚症状を感じるものではありませんので、健康診断などで初めて発覚する人は多いかと思います。

特に辛い症状がないなら、少しぐらいコレステロール値が高いと言われても「まぁいいか」と思ったりする人も多いようです。

ですが「まぁいいか」で済ませておいて問題がないようなら、コレステロール値を調べる必要なんてありませんよね。

何一つ症状がなくても、高脂血症が動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳梗塞、心不全などの生命を脅かす病気にもつながるのです。

このような事から、高脂血症は自覚症状がなくても、改善すべきなのです。