コレステロールと生活習慣

コレステロール値を下げるためには、生活習慣の見直しが大切です。

食事の内容に気を使ったり、運動不足を解消することでコレステロールを低下させることが可能です。

食生活と運動不足以外に気をつけたいのが飲酒・喫煙・ストレスです。

お酒の飲み過ぎが健康に害を及ぼすことは周知の事実ですが、悪玉コレステロールを増加させてしまうという害もあります。

人によってはアルコールを減らすだけでもコレステロール値が下がります。

いくら健康のためとはいえ、いきなり禁酒をするのはかえってストレスになるかも知れません。

アルコールがコレステロールに悪影響があるという認識を持った上で、飲み過ぎないように気をつけましょう。

喫煙もアルコールと同じく、健康に良くないのは誰もがわかっていることですよね。

タバコがコレステロールにどのような影響を及ぼすかというと、善玉コレステロールを減らしてしまうだけでなく、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

その上、中性脂肪も増やしてしまうため、動脈硬化のリスクをかなり高めてしまうのです。

タバコは「1日何本までなら大丈夫」というものではありません。

吸わないに越したことはないのです。

飲酒と喫煙については無関係の人もたくさんいるかと思いますが、誰にでも関係しているのがストレスです。

ストレスをなくすことは不可能だと思いますが、ストレスを溜め込まずにうまく発散しながら生活することも非常に重要なポイントです。

生活習慣でコレステロール値は高くも低くもなる事を知っておきましょう。

那覇ソープ

コレステロール値が高いとなぜ悪い?

中年になると、健康診断などでコレステロール値について注意を受ける人が増えます。

そのような人の多くは、コレステロール値が高いと健康に良くないという認識があっても、どのように良くないのかは知らないようです。

実は、コレステロールそのものは人間の体に必要な成分で、体に悪いものではありません。

コレステロールには善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールと、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールとがあります。

悪玉コレステロールはコレステロールを細胞に運ぶ役割があり、善玉コレステロールは余ったコレステロールを肝臓に戻してくれます。

どちらのコレステロールも大切な役割を担っているのですが、悪玉コレステロールが多くなりすぎると血管の壁にコレステロールが溜まってしまいます。

それによって動脈硬化を招いてしまうのです。

悪玉コレステロールが高いからといって、体に不調を来すことはありません。

そのためコレステロール値が高いと言われても、軽く受け流してしまう人も少なくありません。

ですが、知らない間に動脈硬化を進行させてしまうと、いずれ命に危険を及ぼす状況になってしまうかも知れません。

動脈硬化を防ぐには、善玉コレステロールが重要なカギとなります。

善玉コレステロールは血管の壁にへばりついているコレステロールも肝臓に戻してくれるからです。

コレステロール値に注意が必要だと言われたら、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの働きを知った上で動脈硬化を予防しましょう。

コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げるためには、食事の内容にも気をつけるべきです。

具体的にはどのような食べ物が良くてどのような食べ物が悪いのか、まずはそれを知っておきましょう。

コレステロールを下げるための食事をするには、コレステロールを多く含む食べ物を避けることだけでなく、コレステロール値を上げてしまう食べ物も控えましょう。

そしてコレステロール値を下げる食べ物を積極的に摂取すると良いですね。

コレステロールを多く含む食べ物には、マヨネーズや卵、魚卵、レバーなどです。

コレステロールを上げてしまう食べ物には、牛肉や豚肉の脂身、バター、卵黄、チーズなどがあります。

チョコレートやポテトチップス、インスタントラーメンなどもコレステロールを増やしてしまう食べ物です。

コレステロールを下げるには、これらの食べ物の摂取量に気をつけるのが良いでしょう。

コレステロールを下げる食べ物には、大豆製品、青魚、植物油、海藻類、野菜、果物です。

油や果物は適量にとどめておくべきですが、これらのようにコレステロールを下げる働きのある食べ物は、意識的に摂取すると良いですね。

どのような食材は良くてどれは控えるべきかというのは、なかなか覚えられるものでもないかも知れませんね。

たくさん覚えようとしなくても、野菜・海藻類は毎食、大豆製品は1日に1回は食べる、乳製品は低脂肪のものに変える、油をオリーブオイルにする…など、少し意識するだけでも改善につながります。

ぜひ、実践して下さい。

運動でコレステロールを下げるにはどうすればいいのか?

生活習慣の見直しで、コレステロール値を下げることができる事はよく知られていますよね。

運動不足の解消もその一つです。

運動と一言で言ってもどのような運動が効果的なのかわからず、何を始めて良いか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?コレステロールを下げるのに効果的なのは有酸素運動です。

有酸素運動とは酸素を取り込みながら行う運動で、具体的にはウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどです。

これから有酸素運動をすることで、善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを下げる効果が得られます。

運動不足である人は、なかなか運動する時間が作れないという状況にいる場合も多いのではないでしょうか?そのような人にも手軽に行える有酸素運動がウォーキングではないかと思います。

日常生活の中にウォーキングをする時間をわざわざ設けるのではなく「歩くこと」を増やせば良いのです。

毎日の通勤の際、自転車で駅まで行っているなら自転車をやめて歩いて行くようにすれば良いですし、エレベーターやエスカレーターを使う場面で階段を利用するのも良いですね。

運動がコレステロールを下げるのに良いといっても、ほんの数回行えば効果がすぐに現れるというものでもありません。

継続して行うことが必要であり、その効果が現れるまである程度の時間もかかります。

尚更、継続しやすい方法で行えることがポイントとなるでしょう。

歩く距離を増やして、健康な体づくりをしましょう。