コレステロール値が高いとなぜ悪い?

中年になると、健康診断などでコレステロール値について注意を受ける人が増えます。

そのような人の多くは、コレステロール値が高いと健康に良くないという認識があっても、どのように良くないのかは知らないようです。

実は、コレステロールそのものは人間の体に必要な成分で、体に悪いものではありません。

コレステロールには善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールと、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールとがあります。

悪玉コレステロールはコレステロールを細胞に運ぶ役割があり、善玉コレステロールは余ったコレステロールを肝臓に戻してくれます。

どちらのコレステロールも大切な役割を担っているのですが、悪玉コレステロールが多くなりすぎると血管の壁にコレステロールが溜まってしまいます。

それによって動脈硬化を招いてしまうのです。

悪玉コレステロールが高いからといって、体に不調を来すことはありません。

そのためコレステロール値が高いと言われても、軽く受け流してしまう人も少なくありません。

ですが、知らない間に動脈硬化を進行させてしまうと、いずれ命に危険を及ぼす状況になってしまうかも知れません。

動脈硬化を防ぐには、善玉コレステロールが重要なカギとなります。

善玉コレステロールは血管の壁にへばりついているコレステロールも肝臓に戻してくれるからです。

コレステロール値に注意が必要だと言われたら、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの働きを知った上で動脈硬化を予防しましょう。