コレステロールと生活習慣

コレステロール値を下げるためには、生活習慣の見直しが大切です。

食事の内容に気を使ったり、運動不足を解消することでコレステロールを低下させることが可能です。

食生活と運動不足以外に気をつけたいのが飲酒・喫煙・ストレスです。

お酒の飲み過ぎが健康に害を及ぼすことは周知の事実ですが、悪玉コレステロールを増加させてしまうという害もあります。

人によってはアルコールを減らすだけでもコレステロール値が下がります。

いくら健康のためとはいえ、いきなり禁酒をするのはかえってストレスになるかも知れません。

アルコールがコレステロールに悪影響があるという認識を持った上で、飲み過ぎないように気をつけましょう。

喫煙もアルコールと同じく、健康に良くないのは誰もがわかっていることですよね。

タバコがコレステロールにどのような影響を及ぼすかというと、善玉コレステロールを減らしてしまうだけでなく、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

その上、中性脂肪も増やしてしまうため、動脈硬化のリスクをかなり高めてしまうのです。

タバコは「1日何本までなら大丈夫」というものではありません。

吸わないに越したことはないのです。

飲酒と喫煙については無関係の人もたくさんいるかと思いますが、誰にでも関係しているのがストレスです。

ストレスをなくすことは不可能だと思いますが、ストレスを溜め込まずにうまく発散しながら生活することも非常に重要なポイントです。

生活習慣でコレステロール値は高くも低くもなる事を知っておきましょう。

那覇ソープ