コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げるためには、食事の内容にも気をつけるべきです。

具体的にはどのような食べ物が良くてどのような食べ物が悪いのか、まずはそれを知っておきましょう。

コレステロールを下げるための食事をするには、コレステロールを多く含む食べ物を避けることだけでなく、コレステロール値を上げてしまう食べ物も控えましょう。

そしてコレステロール値を下げる食べ物を積極的に摂取すると良いですね。

コレステロールを多く含む食べ物には、マヨネーズや卵、魚卵、レバーなどです。

コレステロールを上げてしまう食べ物には、牛肉や豚肉の脂身、バター、卵黄、チーズなどがあります。

チョコレートやポテトチップス、インスタントラーメンなどもコレステロールを増やしてしまう食べ物です。

コレステロールを下げるには、これらの食べ物の摂取量に気をつけるのが良いでしょう。

コレステロールを下げる食べ物には、大豆製品、青魚、植物油、海藻類、野菜、果物です。

油や果物は適量にとどめておくべきですが、これらのようにコレステロールを下げる働きのある食べ物は、意識的に摂取すると良いですね。

どのような食材は良くてどれは控えるべきかというのは、なかなか覚えられるものでもないかも知れませんね。

たくさん覚えようとしなくても、野菜・海藻類は毎食、大豆製品は1日に1回は食べる、乳製品は低脂肪のものに変える、油をオリーブオイルにする…など、少し意識するだけでも改善につながります。

ぜひ、実践して下さい。