運動でコレステロールを下げるにはどうすればいいのか?

生活習慣の見直しで、コレステロール値を下げることができる事はよく知られていますよね。

運動不足の解消もその一つです。

運動と一言で言ってもどのような運動が効果的なのかわからず、何を始めて良いか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?コレステロールを下げるのに効果的なのは有酸素運動です。

有酸素運動とは酸素を取り込みながら行う運動で、具体的にはウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどです。

これから有酸素運動をすることで、善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを下げる効果が得られます。

運動不足である人は、なかなか運動する時間が作れないという状況にいる場合も多いのではないでしょうか?そのような人にも手軽に行える有酸素運動がウォーキングではないかと思います。

日常生活の中にウォーキングをする時間をわざわざ設けるのではなく「歩くこと」を増やせば良いのです。

毎日の通勤の際、自転車で駅まで行っているなら自転車をやめて歩いて行くようにすれば良いですし、エレベーターやエスカレーターを使う場面で階段を利用するのも良いですね。

運動がコレステロールを下げるのに良いといっても、ほんの数回行えば効果がすぐに現れるというものでもありません。

継続して行うことが必要であり、その効果が現れるまである程度の時間もかかります。

尚更、継続しやすい方法で行えることがポイントとなるでしょう。

歩く距離を増やして、健康な体づくりをしましょう。